人気ブログランキング |

<   2010年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧

縦走登山・四日目

山小屋の大部屋から離れた、二階の静かな部分での
睡眠時間も十分に取り、窓の外が明るくなると眼が覚めた。
部屋の温度は低いが、昨夜から豆炭アンカでコタツ形式
以外と暖かく過ごせたのには驚いた。

朝食の案内が5時半に声を掛けられた、
女性グループ6人組と2人組・親子組3名・単独男1名
本日宿泊客全員で食堂に集まり朝食。

朝食の割には質も量も十分満足する。
テレビの天気予報を見て、曇りから雨の報道に身支度

7時に出発準備も整い、小屋の職員に挨拶し小屋を後にして下山開始
「編笠山」を迂回しながら針葉樹の中を進む
c0212083_2317513.jpg


苔むした森林の中は気持ちが良い
c0212083_23184975.jpg


途中で「鹿の親子」がこちらを見てる、
静かにカメラを構えて撮影する
c0212083_23194022.jpg


登山完了の最終地「観音平」登山口に到着
c0212083_23203510.jpg


今日で四日目の縦走が無事に終わり
感無量の心境だ!!!
道の駅「おぶちざわ」で足湯に~

出発した場所の「桜平」登山口に向かい自分の車を回収をする。

体中汗で気持ちが悪いが~白樺湖に温泉が有る
「すずらんの湯」に日帰り入浴
c0212083_23291376.jpg

「露天風呂」
c0212083_23294866.jpg

露天からの白樺湖
c0212083_23301930.jpg


今夜のキャンプ場を探す!
女神湖の白樺高原観光センターで申し込み手続きをする。
利用料一人300円の料金に驚くと同時に!
私だけの利用客に申し訳なく感じた。

場所は女神湖のペンション村の上。
雨に濡れない様に炊事場の屋根下にテント設営

頭上の蛍光灯の明かりで虫達が集まるのを防ぐ為
蛍光管を外した、勿論帰る時は復旧させる

今夜の寝床を作り、

女神湖、湖畔近くの食堂で「とんかつ定食」
いろいろ注文した料理に~~~~~

特に「馬刺し」これが美味かった!

満腹感で満たされた一日だった
by 38sky | 2010-09-30 23:10 | 自然 | Comments(0)

縦走登山・三日目

早寝したお陰か?4時半には眼が覚めた!
部屋窓から外を眺めると少し明るく感じる。

時間が経つうちに、星が動くように見える
明るく照らされて~流れ星のユックリバージョン!
「宇宙ステーション」の飛行と後で知った。
撮影したが失敗!残念!!!

c0212083_18433536.jpg

徐々に明るくなって来た!
c0212083_1844408.jpg
c0212083_1845212.jpg
c0212083_18451661.jpg
c0212083_18453355.jpg

富士山も見える!しばし言葉が出ない美しい光景が~
無視しないで昨日行動しなかったご褒美の景色!

朝食も山小屋で早めてくれたらしく、移動を早めた。

「赤岳」山頂にて撮影!
c0212083_18494450.jpg

c0212083_1850789.jpg

「富士と私」
c0212083_1850221.jpg

「南アルプス」
c0212083_18505052.jpg

「遠景の浅間山・湯の丸高原」
c0212083_18531483.jpg

「縦走して来た尾根」
c0212083_1855288.jpg

c0212083_18555318.jpg



「キレット小屋、コマクサ」
c0212083_1912060.jpg

「ゴゼンタチバナ」
c0212083_1915571.jpg

「名物ハシゴ」
c0212083_1923497.jpg

長い鎖場
c0212083_1931779.jpg

これから登る「権現岳」
c0212083_194351.jpg

「青年小屋」
c0212083_1943667.jpg

飲み水は有料、宿泊費は安いが~若者二人の世話役
by 38sky | 2010-09-29 18:37 | 自然 | Comments(0)

縦走登山・二日目

朝から風の音で寝にくい山小屋
山小屋の外は視界は全くゼロ
朝から談話室に閉じこもり、雑誌や全国の山岳ビデオを鑑賞
暖房機の調子がいまいち、灯油タンクの不具合だろうか?
何度か騙しだまし、点火するが調子が?
外の気温は5度の寒さ、部屋の中でも厚着した。

夕方、下からの登山客が四組、
50代夫婦、70代の3人組、男同士の2人組、単身1人
美濃戸口からの登山グループだけど、

雨と強風の中、雨具の装備は万全に見えるが
防寒着や下のシャツまでが濡れたいる、
ストーブで懸命に乾かしてるが?気温の低さと湿度で~

今日の移動を中止して正解だった。
防寒着などは用意したが~この視界が悪い中、
尾根の縦走には相当な危険を感じた

管理人から風呂を進められ何度か入浴
大きな釜の風呂、味噌を作るのに使われたものだろうか?
c0212083_1828364.jpg


雨水を浄化?バイオ技術?下から灯油で沸かしてるらしい
石鹸は使えないが温まるのには最高
トイレは自分でポリタンクの水を流す。

500ccの水は500円で販売されている
by 38sky | 2010-09-28 18:32 | | Comments(0)

登山開始・一日目

夜中に大降りの雨に~
テントの中では濡れる事はないが、雨音が凄い
途中何度か雨音で起こされる

明るく成ったテントの中で眼が覚めた。
コンロでお湯を沸かして軽い朝食を口にする。

忘れ物が無いように確認して、車を駐車場に残し、
下山後は違う場所に下りる為、車の回収作業が待ってる。

快調な出だしの「後ろ姿の私」
c0212083_17535476.jpg

念願だった八ヶ岳の縦走に気分も晴れやか~

いつも小海線から眺められる「八ヶ岳」に憧れは若い頃から~
c0212083_1749137.jpg

c0212083_16542820.jpg


夏沢鉱泉までは車道が出来ている、ここの宿泊者の送迎だけは
通行が許可されてる感じだ。

c0212083_17492893.jpg

右に水力発電所を見ながら「オーレン小屋」を過ぎる辺りから
時々陽が差し込む天気に~
c0212083_1752658.jpg


「赤岩の頭」を過ぎると右足の痛みが始った
c0212083_17504191.jpg

荷物の重みのせいなのか?昔からの古傷が痛むのか?
c0212083_1755821.jpg


「硫黄岳」山頂に到達するが、視界が悪く何も見えない
c0212083_17501516.jpg

「台座の頭」2,795m

c0212083_1751717.jpg

「横岳」2,829m

「三又峰」2,825m
次の峰まで差ほど高低差が無く感じられるが~~

考えが甘かった~上下移動の鎖場の連続だ!足を滑らせたら~

やっとの思いで今夜の野営地「赤岳天望荘」に到着

横殴りの強風と雨に小屋の内部まできしむ音がする
大部屋に案内された部屋の寝床
二段の10名横並びのベッドが両側に~寝袋付き
c0212083_1726378.jpg


この雨と強風は明日は止むのだろうか?

天気予報が気になる、小屋の主人は「明日の縦走移動は危険」と言う!
寒冷前線の通過で今夜より益々悪く成るらしい~
強風は20m近くになると~部屋が揺れる程の強風が続く~

無理は山歩きは禁物、天候ならと諦め、

この小屋に連続二日間世話になろうと早々と決めた!

大釜の風呂を主人から進められノンビリ入浴
山の中で風呂は贅沢だ!
by 38sky | 2010-09-27 16:47 | 自然 | Comments(0)

八ヶ岳縦走開始

数日前から準備してた八ヶ岳縦走の日
背負うザックは量を少なくしたつもりだが~
20kgは超えている、体に慣らす歩きは訓練したつもり~
縦走期間は決めてないが一週間なら大丈夫だろう

朝、目覚ましセットしたつもりが~
携帯電話充電して置いて電源をカット~
最初からチョンボ!

松井田=軽井沢=佐久=清里=小渕沢

縦走登山口、唐沢鉱泉「桜平」一番奥の駐車場
今夜のキャンプ場に決める。

小渕沢近くの日帰り温泉入浴「縄文の湯」に~
日曜日で登山帰りの人達で賑わって、洗い場も少なかった

「桜平」に戻り、テント設営してると、
地元役場の巡回車、職員に声を掛けられる。
c0212083_16391680.jpg


設営も終わり夕食、霧雨も降りはじめ、視界が悪い。
普通車でこの駐車場までは悪路続きで無理だろう~
明日からの早朝の登山開始に備え、早寝する。

歳のせいか~夜中に何度もトイレに!
コーヒーを飲み過ぎたのかも?
by 38sky | 2010-09-26 08:15 | 自然 | Comments(0)

利根地方・上牧温泉に

朝から、雨と強烈な雷の音で起こされる
遠くから聞こえる雷鳴も段々近くに~
激しい雨を伴って西からしかも次々と
パソコンの電源を落とし、テレビも消して落雷対策

狭い部屋では何もする事が無い
山行きの出掛ける準備もまだ出来ていない!

冬物の衣類を出したり、夏物を片付けるが~

昼食だけはと外出し、渋川市「厚田屋」で野菜天ぷら蕎麦を!
この店の蕎麦の量が半端じゃない。
食べても食べても減らない量の多さには何時も驚く

満腹のお腹に満足して車に乗り込むが、相変わらず雨
急に利根地方も温泉を目指す事にした
国道17号線を進み沼田から月夜野に
パラエリア「グランボレ」入口を過ぎて後閑駅に
SLは整備中なのか無かった。

外の気温は15度水上温泉方面を走行中「つり橋」発見
東京電力の取水口際に有った
c0212083_0295182.jpg

橋の下は水量が多い
c0212083_0302998.jpg

雨が強くなり車に戻る

上牧温泉を通過中に「風和の湯」を発見。
入浴料600円と表示されてるが~70歳以上は半額と~
証明するものが必要なのか?聞いてみたら自己申告だけだと!
4歳年齢のサバをよんで、300円の半額で入浴(ごめんなさい!)
c0212083_0265322.jpg

内湯は6畳ほどの天然かけ流し

二人がやっとの露天風呂 (こんな小さな露天初めて!)
c0212083_0323243.jpg


駐車場は県内の車だけ~
温泉地としては淋しい限り、入浴者も地元民

水上インター近くの測道に入るが舗装道路
私も初めて走る地元の生活道路
c0212083_037954.jpg

雨が小降りになり水上温泉街の上に「虹」が
c0212083_0383085.jpg

紅葉シーズンには訪れたい場所だ
c0212083_0392469.jpg


行き止まりの道に新しいスキー場も発見
しかも谷川岳サービスエリア近くまで~
道を横切る「イタチ」に遭遇する、久し振りの対面

水上温泉に戻り「足湯」に、温めの温泉だが気持ちが良い
c0212083_0423159.jpg


今回は、すべて携帯で撮影の画像です。
大小カメラは部屋で山行きの充電中の為、持たなかった

半日の思い付き行動の温泉探しでした!
by 38sky | 2010-09-23 23:28 | 温泉 | Comments(0)

稲刈りが始まった

午前中は部屋で八ヶ岳登山の準備
ここの部屋すでに9時に30度は越えてる
暑さとの戦いも、今日までと自分に言い聞かせる。

おおまかな登山用品をザックに詰め込み完了するが~
まだ細かな積み残しも、
医薬品・充電器・非常食・ロープ類・コッフェル・バーナーなど
チェックしながらザックに押し込むが嵩張る

衣類圧縮袋に入れ直すと余裕が出来た。
これなら全部入り切る感じだ。

昼食は「蕎麦定食」を食べて、コインランドリーに
夏物の半袖類を秋冬物と入れ替える為に~

身につけてる物まで脱ぎ捨てて洗濯機に
乾燥機も使い、夏物は全て洗い終わった。

帰り道、農道では稲刈りの真っ最中
赤城山をバックに
c0212083_17194629.jpg

子持山をバックに
c0212083_1720378.jpg

彼岸花と稲
c0212083_17212190.jpg

季節が来ると咲いてくれる

帰り道に古い石塔を発見
c0212083_17224553.jpg

300年は経過してる「女人講」
赤ちゃんを抱いてる姿に見惚れてしまう!

部屋に到着してから、長野まで移動する軽荷台の整理、
西日が当り諦めて部屋でシャワー~

遠くから久し振りに雷鳴が聞こえ始め今夜は涼しく成るだろう~
今日で夏にさようなら~と願う!35度の一日でした。
by 38sky | 2010-09-22 17:27 | 自然 | Comments(0)

今日明日は夏に!

天気予報では今日は34度まで上がると報道
そして22日は35度の予報にウンザリ!
本当にこれが最後にして欲しいと願うばかり
朝晩が過ごしやすく成ってるのが唯一の救い。

八ヶ岳の登山準備の為にレンタルトランクの整理を兼ねて
来週から使うキャンプ用品を出す為に出掛けた

気温が高く締めきり状態で中は蒸し暑さは半端じゃあなかった
シャッターを上げて手前から荷物を引き出し

一番奥の折りたたみ椅子・テープル・テント幕を出した。
鉄道模型のジオラマが少し高温で欠落してる
(携帯画像)
c0212083_0573030.jpg

必要ない物は捨てる事にしてるが~
どう見ても捨てたくない物ばかり、だから残ってる?

持参した指定ごみ袋に詰めるが~また袋から引き出したり迷う
後ろ髪引かれる思いでゴミ袋3個が出来あがった

スタッドレスタイヤも8本、これは相馬電装さんに処分してもらおう
モーターパラ用の分解されたエンジンはどうしても捨てる事は出来ない
まだパラグライダー機材も沢山残ってる
エリアに持ち込もうか?エリアにも保管場所が無い
もう直ぐエリアにはコンテナが設置される、それまで我慢だ!

処分した物で、その空間には隙間が出来たのが嬉しい
額から落ちる汗を拭いながら~ゴミを処分場所に運んだ
薄暗くなる周りに作業を終わらせ温泉に

3連休の休み明けなのか?
館内はガラガラ状態の日帰り入浴施設
夕飯は「天ぷらそば」450円ここのは安くて美味しい(携帯画像)
c0212083_174526.jpg

広い休憩室には私だけの座布団

貴重品をロッカーに入れて~入浴料金は300円(携帯画像)
c0212083_191684.jpg

浴室には数人、露天風呂は独り占めだった

この施設はカラオケの音量も大きく嫌いだが
住む部屋の近くだから仕方ない~

今日は静かで湯上がり後、座布団2枚が敷布団
座布団を折って枕に~直ぐに夢の中

閉館アナウンスと流れる「蛍の光」で眼が覚めた~館内には私一人だけ
慌てて帰り支度して施設を後にした。

汗を流すのは気持ちが良いものだ!

八ヶ岳登山準備はザックに入れる物だけに~
20kg以下に押さえる事が出来るだろうか?
3日後にはフリースも必要な山の気温

現在は38リットルザックもっと大きなザックが必要なのかな?
明日は詰め込み作業が待っている
by 38sky | 2010-09-21 23:48 | 温泉 | Comments(0)

隠れ秘密小屋

昨夜の夜空では星を見る事は出来なかった
飲めないビールを口にしたのがまずかったのか!
コップに半分でバタンキュー~だらしの無い酒に弱い男です。

小屋の近くの幹、
何か睨まれてる様な模様が~
c0212083_23241185.jpg

小野上温泉の足湯
c0212083_23244668.jpg


どうしてもお盆の内に訪問したい場所が有る。
六合村の「野反湖」に向かう
c0212083_2326478.jpg


この場所は特別な場所だ~ロープが張られた大切なザレ場には
コマクサの姿も随所に見える!
土に帰ってくれただろうか?しばし両手を合わせる!あの時の思い出の場所!
年に何回かはこの場所に来るが、秋の時期に来るのも珍しい事だ
c0212083_23284538.jpg

微かに~「ウスユキソウ」も存在してた
c0212083_23312088.jpg

今年最後の「マツムシソウ」かな?
c0212083_23324132.jpg

紅葉も始った
c0212083_23362466.jpg

秋の紅葉シーズンはまた相当の混雑が~

秘密の小屋に戻り、ドラム缶風呂の作成と火入れ式準備

焚口は重量ブロックで固めカマド形式、入りやすいように巣の子の台。
跨ぐ時に男達の急所を潰さない様に、高さを考えて調整した。

足元が熱くならない様に丸型に巣の子をカット
ドラム缶の内部で座れるように細工もした!右側の円形巣の子(座席付き)!
入る時に足でドラム缶の底に押し込む仕掛け、

溢れ出るお湯で焚口にこぼれ流れ出て、火が消えない様に~
ドラム缶上部に穴を開け~そこから排水する仕組み!
その穴にパイプを溶接し、トヨを継ぎ足し離れた場所にお湯が排水する仕掛け

上々の出来栄えに皆満足するが~最初に試すのは私の役目!
c0212083_23434771.jpg


設置記念祝賀会、それが私「初入浴」釜焚き中で煙たいのが難点!
c0212083_23482737.jpg

次から次に仲間達の入浴、起き火で煙は無い!
c0212083_23532690.jpg

c0212083_23535314.jpg

最高の湯加減~!この新作浴槽に持ちこんで酒を飲みだす者も~


夜は制限時間の無い飲み会が永遠と続く~~~囲炉裏端
帆立て貝、鳥もも、焼き魚から~イカのワタ焼~酒飲み用のつまみばかり
私だけがオレンジジュース!飲み過ぎでトイレばかりの夜でした
c0212083_23495299.jpg

夜は延々と更けて行くが星は見えない!
風呂から見たかった星空は持ち越しに~残念!
by 38sky | 2010-09-20 23:57 | 自然 | Comments(0)

夏から秋に~

朝晩寒くて眼が覚める事が度々おきる。
今年の暑さも最後と思う時期に来た
夏の花達も酷暑を耐えて~お疲れさまと言いたい程
c0212083_23325990.jpg

ヒマワリの種がギッシリ実ってる
c0212083_23335051.jpg

秋の花達
c0212083_2334193.jpg

c0212083_23343596.jpg


ショウガ?
c0212083_23352179.jpg

新しい登山靴の足元
c0212083_233695.jpg

イベント先の古式稲刈りの子供
c0212083_2336586.jpg

広場
c0212083_23372837.jpg

c0212083_23374943.jpg

武尊山キャンプ場
「サラシナショウマ」
c0212083_2340494.jpg

c0212083_23411472.jpg

沢の流れ
c0212083_23414317.jpg

アイスクライミング道具
c0212083_23421919.jpg

クライミング用靴
c0212083_23425449.jpg

スクールの校長は今年冬山スノーシュー同行してくれた若者
今年の冬は挑戦してみたい

帰りは勿論、温泉に~
木賊山荘「とくさ乃湯」
c0212083_025380.jpg

女将は北海道釧路の出身
私の顔を覚えてくれたらしく嬉しかった
入浴料500円、夕食代500円
特別に食パン風にベーコン、玉ねぎ、チーズ入りを焼いて
自作のサービス品を出してくれた!
広い広間でのんびり会話が出来た。
この連休に宿泊客が無いのが寂しい!





by 38sky | 2010-09-18 23:25 | 自然 | Comments(0)


人生終盤は自然を求めて「全国放浪旅」


by 空の旅人

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

旅のアルバム 

ピカサ 北海道の旅

e0024081_10102558.jpg


カテゴリ

全体

自然
仕事
草花
ボランテア
アウトドア
軽キャン改造
温泉
車中泊・キャンプ
出来事
行事
日常

以前の記事

2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月

お気に入りブログ

マクロパパの写真ブログ
気ままな食いしん坊日記2
Tetsuさんぽ
クララちゃん
自然の彩り
ゆっくりまいりましょう

最新のコメント

> ohama61さん ..
by 38sky at 09:06
友達の入院大変ですね
by ohama61 at 08:02
> maru029821..
by 38sky at 06:46
長旅の後でもゆっくり休ん..
by maru029821 at 05:34
> ohama61さん ..
by 38sky at 17:33
花盛りですね
by ohama61 at 07:18
> カラットさん よう..
by 38sky at 19:11
> mu-nnro-do..
by 38sky at 19:02
お疲れ様でした。 久し..
by mu-nnro-do at 05:59
今回の旅もすばらしいです..
by カラット at 22:41

最新のトラックバック

ライフログ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
アウトドア

画像一覧