別府 大分 豊後大野 佐伯 車中泊34日目

昨夜から雨が降り続く
気温の高さに昨夜は湯たんぽは外した
毛布も一枚減らして正解だった

c0212083_18530791.jpg

朝食は近くのスーパー「トライアル」駐車場で食べた

天候が徐々に回復して走り出す
別府湾の公園で水の補給や車内の掃除

c0212083_18532395.jpg

大分市内を抜けて犬飼方面に

犬飼駅

c0212083_18535584.jpg

犬飼の川港の跡地公園

c0212083_18534218.jpg

河川の岩が面白くて歩く

c0212083_18540710.jpg

「犬飼石仏」

c0212083_18544172.jpg

その横に「大師堂」

c0212083_18542238.jpg

流れる川から出てる岩が面白い

c0212083_18550336.jpg

昼食は名物の鮎の塩焼きを食べたかったが~
街中を探したが店は開いてない

「一期一会」で
トリ天アジフライ定食を食べる600円

c0212083_18551561.jpg

「菅尾石仏」を見に階段を登る!これが厳しい!
上から見るとこんな感じ踏みしろが狭い

c0212083_18555418.jpg

新しく建物に鎮座

c0212083_18561759.jpg

「千手観音」

c0212083_18563370.jpg

「薬師如来」

c0212083_18564537.jpg

「阿弥陀如来」

c0212083_18570585.jpg

「十一面観音」

c0212083_18572186.jpg

「多聞天」

c0212083_18573945.jpg

平安時代の石仏が綺麗な姿で残ってる
勿論、親友の健康祈願の願い事も有り
大きな声で木魚を叩いて納経した

これは珍しい6本の腕「青面金剛石像」

c0212083_18585395.jpg

少し離れた「宇対瀬不動」

c0212083_19000032.jpg

そして有名な「六字名号」

c0212083_18593027.jpg

参道に気に成る岩がある! 石の顔?
「わしも一緒に旅に連れて行け…!」
と言われてる感じでオデコを撫でた!

c0212083_18591406.jpg

延岡まで行こうと思ったが~
薄暗くなり始め 山の中のキャンプ場探し

キャンプ場は見付かったが閉鎖中

隣りの道の駅で夕食
閉店30分前なので私一人しか居ない

c0212083_19004599.jpg
チャンポンは野菜がてんこ盛りなのを再確認

c0212083_19010374.jpg

「唄げんか大橋」何でこんな名前を?

c0212083_19003108.jpg

今夜は道の駅裏側の
キャンプ所管理棟の横で車中泊に決めた!
森の学園展示館の横も広くて静か♪

次回の為にマークした♪

# by 38sky | 2018-01-17 19:32 | 車中泊・キャンプ | Trackback | Comments(1)

杖立温泉 壁温泉 湯布院温泉 別府温泉 車中泊33日目

昨夜の寝場所は杖立温泉の駐車場
気温は高くて0度の朝

c0212083_19255096.jpg

雨の確率も有るが春の様な最高気温15度の予報
沈下橋中央の私の車

c0212083_19260054.jpg

昨夜到着した三苫さんはまだ車内で寝てる
昨日と同じ新築したばかりの温泉入浴

c0212083_19260977.jpg

本当はこちらの古い温泉施設に入りたいが
地元民だけの公衆浴場

c0212083_19263226.jpg

目覚めた三苫さんと再会の挨拶

c0212083_19262082.jpg

朝の食事は今回初めて私が作った!
プレスしたトーストにハムと明太子をサンド
昨日の卵とコーヒーの朝食

今日は別府温泉まで別々に移動する事に決まる
杖立温泉の知り合い宅に挨拶に訪問
居間に上がり雑談 きん子さんも元気そうだ!

c0212083_19270071.jpg

名物の「杖立プリン」と愛犬の「パン」

c0212083_19270976.jpg

凍結するような路面ではないが対向車は無い

c0212083_19272581.jpg

壁温泉へ 湯元館の横を通り抜け

c0212083_19273519.jpg

奥の公衆浴場へ

c0212083_19275293.jpg

今日二度目の入浴 湯温は低かった

c0212083_19280257.jpg

湯布院へ

c0212083_19281933.jpg

上の湯 200円

c0212083_19282990.jpg

浴室には数人入浴中

c0212083_19283778.jpg

私が入りたい場所はこちらの地元民専用施設

c0212083_19284585.jpg

浴槽は一つだけ

c0212083_19285443.jpg

別府温泉に向かう途中の「由布岳」

c0212083_19290614.jpg

登山道から見ると形が良い

c0212083_19291454.jpg

別府市内に入らず いつもの野天風呂方面へ

c0212083_19293761.jpg

今夜入浴する「鶴の湯」ここは大好きな場所

c0212083_19294494.jpg

「鶴の湯」で三苫さんと合流して
ここの湯の管理人と由布岳の山岳道保存会会長さんを
紹介して貰った!面白い経歴の持ち主

c0212083_19295247.jpg

ロータリーで邪魔にならない様に宴会
話しが止まらない!ボランテアで人生を過ごしてる
私の何倍も全国をボランテア行脚
天災には必ず1カ月以上滞在してると言う

熟年離婚し7年前に鮮魚店を閉鎖して
人生を楽しまれてる

c0212083_19300803.jpg

今夜も三苫さんの好意で
「焼き牡蠣」を腹いっぱい頂いた!

c0212083_19301778.jpg

私より4つ年上の「尾畠春夫」さん
同類の行動や生活してる姿に意気投合!

名刺交換は勿論、
ここでも新しい出会いが有った!

暗くなってから皆さんと「鶴の湯」へ
来る人達全員が顔見知りの挨拶!
タクシーの運転手さんも仕事帰り寄り
浴槽内で話し込む!

ここで明日仕事の三苫さんとお別れの挨拶
握手して遠ざかる車を見送った!
「色々お世話に成りました!」


# by 38sky | 2018-01-16 20:05 | 温泉 | Trackback | Comments(2)

熊本小国町 杖立温泉 車中泊32日目

朝の気温はマイナス4度
温泉に入ると熟睡出来るのが不思議だ

昨夜の内にいつもの車中泊場所に来てしまった
川の流れの音が心地良い

c0212083_17201400.jpg

水量が少ない流れ

c0212083_17202399.jpg

小国町の道の駅へ  
鏡張りの建物に自分の姿と車を入れて

c0212083_17203825.jpg

ガソリンスタンドやスーパーで買い物など
ガソリンが高い145円 
スーパーでは4000円越える買物

道の駅の横に「巴」と言う蕎麦屋が有る

九州で食べる蕎麦は如何だろう?
店内には骨董品が飾られてる

c0212083_17204757.jpg

ソバ猪口も見たが~新しい最近の物ばかり

c0212083_17205696.jpg

もり蕎麦を注文した!値段が高い1200円

c0212083_17211944.jpg

残念ながら蕎麦の香りはしなかった


下城地区の大イチョウ

c0212083_17215523.jpg

鍋釜の滝

c0212083_17220787.jpg

モニメントも古く感じる

c0212083_17221651.jpg

「遊水峡」へ
橋の先から入園料が必要

c0212083_17223386.jpg

手前から歩いて川の淵へ

c0212083_17222407.jpg

知り合いの「旬彩ファーム」

c0212083_17224203.jpg

大きな声を出しながら私の来訪を告げる

c0212083_17225121.jpg

ある程度の作業跡が見られる

c0212083_17225852.jpg

今日は不在なのか?天気が良ければ
布団を干そうと思ったが~途中で雨も降り出す

杖立温泉に戻り入浴場所を聞きだす
出来たばかりの入浴建物

c0212083_17232614.jpg

蒸場で生卵をセットして温泉入浴

c0212083_17233462.jpg

浴槽は狭いが温度を調節出来る

c0212083_17240688.jpg

私が今日の最初の利用者かな?
いつものショット

c0212083_17241490.jpg

湯上りをに蒸し上がった卵を口に~!

今夜の準備に「湯たんぽ」も蒸場で
高温で火傷しない様に手袋を装着

c0212083_17242268.jpg

今夜も熟睡出来そうだ!

# by 38sky | 2018-01-15 17:45 | 車中泊・キャンプ | Trackback | Comments(2)

茅葺職人見習 うきは市内散策 車中泊31日目

今朝も曇りの天気 気温はマイナス4度
車中泊場所は「かわせみ広場」

c0212083_19555695.jpg

睡眠時間は8時間 車内で朝食を食べた
9時前に作業現場 浮羽町姫治地区へ

この周辺は
「新川田篭重要伝統的建造物保存地区」に指定されてる

車を駐車して背景の現場に

c0212083_19570018.jpg

トラックから積まれてる茅を下す作業

c0212083_19571712.jpg

挨拶して足場に向かって
体験したばかりの新人が最初の仕事の茅運び

c0212083_19573343.jpg

この束は狭い足場で長物を運ぶのは大変

「こちらには25個お願いします!」
「はい!」
「横は35個お願い!」「はい!」
ヘルメット姿の私も意外と似合うな~!

親方は一番難しい角の部分を!

c0212083_19585855.jpg

狭い足場の単管に立て掛ける

c0212083_19582177.jpg

曲がり屋根の部分

c0212083_19582994.jpg

三年修業しないと打ち込みはさせないらしいが
ある程度の打ち込みもさせて貰った!

作業前

c0212083_20212277.jpg

作業中
これを屋根の傾斜に成るように道具
「クワウチ」で叩いて中へ押し込む

c0212083_20221089.jpg

止めた茅を押し込む
仕上げは勿論ベテランの人達が!

c0212083_19592057.jpg

10時のお茶が物凄く美味しい

c0212083_19590761.jpg

屋根の作業も高くなり~最終の茅運び

皆さん優しい目で見守ってくれる!

c0212083_19584136.jpg

そして足場から下りて植え込みの剪定

電源は私の車から~トリマーを使う

c0212083_19593253.jpg

出入口だけの剪定だが綺麗には成った

c0212083_19594178.jpg

お昼に成り皆さんは弁当
私はこれで下に降りる事にした

親方に名刺を渡して皆さんに挨拶

今度来る時に出来上がりを見たい!
私が運んだり打った茅の場所は覚えてる

素敵な出会いと協力してくれた皆さんに感謝!!!

「親方!無理をお願いして嬉しかったです!」


うきは市内に戻り観光協会の駐車場に停め
「うきは伝統建物保存地区」を散策

c0212083_19595168.jpg

自転車で走るより細かく市内を歩く

「南新川」

c0212083_20000662.jpg

「鏡田屋敷」台所

c0212083_20001575.jpg

居間が良い感じ

c0212083_20002383.jpg

波打つ板ガラスから庭を見る

c0212083_20003446.jpg

面白い店を見付けた
「車力屋」
カレーを注文すると大塚のボンカレー

c0212083_20005305.jpg

コーヒーが付いて450円!
そしてメニューがこんな感じ

c0212083_20004435.jpg

次の「居蔵の館」へ

c0212083_20005902.jpg

襖絵が私は気に入った!

c0212083_20010698.jpg

人が並ぶパン屋さんへ
「ぱんのもっか」本当に美味しかった

c0212083_20012621.jpg

国道に出ても街並みが続く

c0212083_20013411.jpg

気に成る瓦を発見

c0212083_20014189.jpg

米屋さんの店内に!
ダイハツオート三輪(現役)
1963年式 1490㏄ 68馬力

c0212083_20014740.jpg

「吉井歴史民俗資料館」

c0212083_20015491.jpg

入館料がどこも無料

c0212083_20020446.jpg

関東の人には珍しい正月飾り

c0212083_20021755.jpg

ピカピカな足踏み脱穀機? 
子供達の学習に実際に使われてる

c0212083_20023287.jpg

今日の作業で埃だらけの身体を流したい
近くに温泉があるか~ネットで検索

原鶴温泉は500円以上の所ばかり
筑後川の屋形船

c0212083_20024125.jpg

懐かしい日田市五馬地区の
「塚田温泉センター」へ

c0212083_20024878.jpg

番台のおばちゃん!私を覚えててくれた

c0212083_20025420.jpg

内湯だけだがここの湯は私は好きだ

c0212083_20030091.jpg

いつものショット

c0212083_20030887.jpg

浴槽で地元の方と会話
「車中泊したいのですが?」
この地区で「公衆トイレは近くに有りますか?」

「直ぐ近くの阿蘇神社の境内にあるよ!」
「境内で好きな所で止めて寝たら!」

風呂上がり早速下見
ここも今夜は静かに寝られそうだ!


# by 38sky | 2018-01-14 20:59 | 車中泊・キャンプ | Trackback | Comments(4)

うきは市 貴重な茅葺体験 車中泊30日目

今朝の気温はマイナス5度
身体が馴れたのか寒さはあまり感じない
外灯は何時に消えたのか?
12時頃目が覚めると星空が綺麗だったが

朝は陽が昇るのも見えなかった
昨夜の車中泊場所

c0212083_18100477.jpg

日田市内のマックでプレート朝食

c0212083_03424982.jpg

伝統建物が有る~「うきは市」の街並み

c0212083_18105890.jpg
道の駅で資料を貰い農産物直売所
北海道枝幸の物産展が有った!

c0212083_18104182.jpg

パンフレットを見ると近くに窯元が有る
現在は6軒程度の「一の瀬焼」

c0212083_18114106.jpg

気に成る窯元を見付けて展示場へ

c0212083_18112479.jpg

古い登り窯で拾ったと言う陶片

c0212083_18115695.jpg

全くない客足とこんな天気で暫らく焼き物談義
私はこんな職人気質の陶芸家が好きだ!

気に成る急須を見付けて値段交渉
3500円だが1500円で良いと言う

また荷物と所有する物が増えてしまった
お茶が好きな人にプレゼントしようかな!
作者「永松さん」と購入した急須

c0212083_18121220.jpg

日本棚田100選「つづら棚田」へ向かう途中
保存地区に差し掛かると茅葺屋根の吹き替え工事
作業現場に!

c0212083_18140613.jpg

この方が30代位だろうか?若い親方

作業を見せて貰いながら頼んでみた!

c0212083_18144494.jpg

「私にもやらせて頂けませんか?」

重ねたススキを洗濯板の様な物で叩いて押し込む
会社名は「阿蘇かやぶき工房」

c0212083_18151218.jpg

これを持って押さえた茎を打ち込んでいく

c0212083_18153099.jpg

女性の職人も私に指導してくれた
記念にと撮影を依頼してワンショット

c0212083_18155174.jpg

腰を使ってるので意外と重労働だ!

頑張って打ち込んだ~汚れても良い服装に着替えて
持ってるヘルメットを被ると職人姿に

12時の時報で数軒離れた「古民家cafe里楽」へ

c0212083_18161301.jpg

昼食を頼んで店内を見せて頂く
床の間には「サザンカ」

c0212083_18165415.jpg

大好きな染付大皿

c0212083_18171055.jpg

大きな火鉢と道具が良い!

c0212083_18163313.jpg

つまみ汁定食を注文 750円
湯豆腐の熱々を塩を掛けて食べた!

c0212083_18172548.jpg

午後も作業現場に職人体験
打ち込み過ぎたのを戻す道具

c0212083_18175517.jpg

午後2時過ぎに市の担当者が調査に現れる

c0212083_18181993.jpg

下から投げるススキの束を受け取る作業

c0212083_18183881.jpg

次の層にする為に並べる

c0212083_18185809.jpg

3時のお茶が運ばれて頂く!
右の方がここの持主「中村さん」
大手建設業界を退職されてこの物件を買ったらしい

c0212083_18192382.jpg
今日の家屋調査の市の職員と一緒にお茶

c0212083_18193911.jpg

古民家の曲がり家は本当に珍しい
中村さんの案内で家の中を見せて頂いた!

これが凄い!天井には紫色の真竹がビッシリ

c0212083_19135930.jpg
梁の太さも驚いたが色が素敵な襖張りが6連

c0212083_19141927.jpg

今度 訪問したい場所が増えた素敵な場所
焚火の番をしたり中村さんと話し込む

午後4時半に握手をして再会を約束して棚田へ

路は細く積雪も有り凍結してる場所も
展望所に到着すると「ウサギの足跡」

c0212083_18200988.jpg


住民は住んでる気配は感じない

c0212083_18203139.jpg

民家は10軒以上有るが~明かりも点かない

c0212083_18210329.jpg

反対側の林道へ

c0212083_18212352.jpg

積雪は少ないので細いが入り込む

c0212083_18220192.jpg

道路から見えた「つづら棚田」

c0212083_18222526.jpg

ここで引き返せばよかったが~林道を進む
段々荒れた道に!今回も車の腹を擦る

c0212083_18224120.jpg

林道作業中の重機を避けて貰って通過

c0212083_18230288.jpg

舗装された道に出て一安心
この地区の神社「諏訪神社」?

c0212083_18231916.jpg

そして個人で作った変わった観光案内所

c0212083_18233883.jpg

茅葺作業現場に戻り
親方さんに明日も参加をお願いした!

少し下った場所に
「かわせみ広場」が今夜の車中泊場所に決めた


# by 38sky | 2018-01-13 19:28 | 車中泊・キャンプ | Trackback | Comments(2)


人生終盤は自然を求めて「全国放浪旅」


by 空の旅人

プロフィールを見る
画像一覧

旅のアルバム 

ピカサ 北海道の旅

e0024081_10102558.jpg


カテゴリ

全体

自然
仕事
草花
ボランテア
アウトドア
軽キャン改造
温泉
車中泊・キャンプ
出来事
行事
日常

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月

お気に入りブログ

Life with Leica
マクロパパの写真ブログ

最新のコメント

昔の修行僧は岩場に仏像を..
by ohama61 at 19:58
> ohama61さん ..
by 38sky at 21:31
また友が一人増えましたね..
by ohama61 at 20:34
> ohama61さん ..
by 38sky at 18:56
水がいいから蕎麦が美味し..
by ohama61 at 20:54
> ohama61さん ..
by 38sky at 09:30
自分のしたい事を率先して..
by ohama61 at 08:09
> 門田由美さん 何か..
by 38sky at 00:05
体験を 快諾くださった親..
by 門田由美 at 23:18
> ohama61さん ..
by 38sky at 20:02

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..

ライフログ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
アウトドア

画像一覧