新日本海フェリー~新潟港~津南町 旅95日目

昨日の私の部屋(エステートB 444号室)

c0212083_20172410.jpg

出航する前に夕食はお中に入れてて良かった!

出航後は比較的穏やかな航行だったが~
津軽海峡に出ると船が揺れ出す
揺れものノ字?円を書くようなローリング

真っすぐ歩くのも難しい揺れ
大きな船なのに~トイレも捕まって用を足す程

早めに寝床を作って布団に入る

二人用の部屋なので余裕の広さが有り
洗面所も扉の横にあるのが助かる

目が覚めると朝日が昇ってる

c0212083_20173905.jpg

デッキには出られない強風と波しぶき
大きな揺れが続く~!

部屋から~牡鹿半島を通過

c0212083_20175398.jpg

秋田港寄港の船内放送が流れ一時間の停泊
船内の共用スペースに人影はほとんど無い


c0212083_20180154.jpg

部屋で持ち込んだ食料を口にするが

c0212083_20181034.jpg

飲み込むのがやっと!気分が悪い

停泊中に先端部分のフロアーで過ごす

c0212083_20182133.jpg

湾内は揺れが無いが~秋田港で下船したい気分

c0212083_20183951.jpg

少し気分も回復して
秋田港を出港して風呂に入る

浴槽からはみ出るお湯
バシャンバシャン~~!

c0212083_20191627.jpg

両手を広げ浴槽内で大の字に成って浮いてみた
ユサユサ揺れながら身を任す~
「痛い!」頭を浴槽の壁に打ち付けた!

昼食は食べる気持ちが起きない気持ち悪さが続く

後部のデッキで外の空気を吸って気分転換

c0212083_20192567.jpg

何所に行っても人影は無い
乗船客は部屋で寝転んで過ごしてるのだろう

c0212083_20193432.jpg

いつもの航路が強風とうねりで違う波跡

新潟港に到着する前に激しい雷雨だった様だ

c0212083_20194365.jpg

運転し始めてスピードの出し過ぎに気が付く
北海道で慣れてしまったスピード感

本州の道路は痛みも無く舗装も綺麗だな~!
信号も黄色で停車すると後ろでブレーキ音
本州では黄色は注意して進め~!
北海道では黄色では止まる癖が付いてしまったようだ

国道を使い長岡市~十日町~津南へ
今日の夕焼け

c0212083_20195485.jpg

津南町の「とせさん」宅を訪問し
北海道土産「黒い恋人」を差出しを渡す(黒豆)

c0212083_20200537.jpg

夕飯は途中で食べたので「きのこ汁」を頂いた

c0212083_20201341.jpg

漬物のキュウリが絶品の美味しさ!
早寝の「とせさん」に挨拶して明日朝にでも再訪問
いつものスーパーの駐車場で車中泊


# by 38sky | 2017-09-21 20:55 | 車中泊・キャンプ | Trackback | Comments(0)

錦大沼公園~白老町~苫小牧市~フェリー乗り場 北海道94日目

今日が北海道の最終日
目が覚めたのは5時前、気温は高く11度
夜明け

c0212083_17122248.jpg

朝日が顔を出す

c0212083_17123849.jpg

昨夜の雷雲も通り過ぎ雨も止んでる
歯磨きとトイレを済ませて公園へ

c0212083_17124847.jpg

公園入口

c0212083_17130024.jpg

誰も居ない園内の朝の散歩

c0212083_17131129.jpg

嬉しい知らせが入った!
札幌の「よしつねさん」がここに来ると連絡が入る
到着するまで時間が有るので

朝食を済ませて白老の「若湯温泉」に向かう

c0212083_17132243.jpg

しかし温泉施設の故障で閉館中

c0212083_17133310.jpg



諦めかけたら近くにも温泉施設が有った

c0212083_17134534.jpg

施設には看板などは無い建物~!

c0212083_17135721.jpg

入浴料金200円を誰も居ないカウンターに置く

内湯だけ浴槽は二つ、高温浴槽と普通温浴槽
温度の変化は変わらない高温

c0212083_17140727.jpg

境目に座り~いつものショット

c0212083_17141798.jpg

急いで錦大沼公園に到着すると~
故障した代車で私より早く来てた!
大量の拾った「クルミ」を渡せて本当に良かった

c0212083_17143420.jpg

苫小牧の「デルアキさん」も
ここに来ると連絡が入った!

昨日、病院で受診して回復したと笑顔で現れる

c0212083_17144584.jpg
立ち話で1時間、三人で昼食を食べに苫小牧市内へ
デルアキさんの自宅近くの中華料理屋さんで昼食
お酒は飲まないけど~小さなオフ会で盛り上がる
カメラを持たなかったので撮影出来ず残念

デルアキさんの作業場

c0212083_17153805.jpg

お願いしてたストーブの煙突部分の組み立て

c0212083_17150616.jpg

車外に煙突を出す不燃材も余分に頂いた

c0212083_17151814.jpg

そして、リアワイパーの手袋を細工


スイッチを入れると「バイバイ~!」
手を振る感じに出来上がった!笑うデルアキさん

c0212083_17154914.jpg

フェリー時間が迫り、丁重に握手をしてお別れ~!
「何から何までお世話に成りました!」
「わざわざ来てくれたお二人に感謝します!」

苫小牧東港フェリー乗り場へ
丁度、入港した今夜乗船の船

c0212083_17160193.jpg

係留する、作業を見入る

c0212083_17161248.jpg

乗船手続きが完了して車列に並んだ
個室の部屋に持ち込む食材などをザックに詰めた


# by 38sky | 2017-09-20 17:45 | 車中泊・キャンプ | Trackback | Comments(6)

三階滝公園~支笏湖~苫小牧市~錦大沼公園 北海道93日目

昨夜の強風は治まりつつある早朝
雨は止んでる!外気温は12度と暖かく感じる朝
目が覚めたのは5時過ぎ朝日が出た様だ

c0212083_18052773.jpg
ネットで通行止めの箇所を調べる
早朝なので昨夜のままの通行止めの場所だらけ

昨夜の寝場所はこんな所

c0212083_18053988.jpg

公園内を散策、トーテンポールが随所にある

c0212083_18055333.jpg

林の中に進むが雨粒でズボンが濡れる

c0212083_18060851.jpg

咲いてる花を見付けた「メマツヨイグサ」

c0212083_18062173.jpg

「ヤマブドウ」の葉も紅葉が始まってる

c0212083_18072742.jpg

足元に「キノコ」を発見 食べられるのかな?
ohama61 」さん教えて下さい!


c0212083_18063585.jpg

同じキノコなのだろう~これから伸びるのかな?

c0212083_18064847.jpg

タラノメが沢山有る~これも紅葉してる

c0212083_18074540.jpg

朝食を済ませて~通行出来る国道を走り出す
しかし、強風の影響で路面には落とされた枝が散乱

c0212083_18075702.jpg

キャンプ場の案内板を見付けて入る

c0212083_18081163.jpg

広い敷地には炊事棟も有るが~トイレがいまいちだ

温泉街の橋の上から

c0212083_18082433.jpg

普段なら綺麗な岩の底なのに増水で見えない

ネットで調べるとゲートが開通した情報を入手
遠回りの伊達市内から室蘭経由は止めてUターン

c0212083_18084557.jpg

この場所で開通を待つが~面白い事が起きた

コーンの通行止めを突っ込んできた軽自動車が居た
左側の空いてる場所は単管で留めてあったが
突っ込んでフロントを大分傷つけた30代の女性

コーンを立てて直してるのを見てた
わき見運転なのかな?白老に抜ける道

室蘭の道路管理事務所に電話して開通時間を聞く
電話して直ぐに係員が到着して

突っ込んできた車の事を話したり
開通時間の事を聞いた!
「通行止めは地滑りで最低でも二週間は駄目!」

c0212083_18090184.jpg

色々親切に説明してくれた現場の職員さん
「有難う御座いました!」ペコリ(o_ _)o))

道の駅ときのこ汁ドライブインは開店してる
昨日閉じられてたゲートは開放

c0212083_18091526.jpg

駄目でも支笏湖経由で苫小牧に向かう事に
前からのトラックの走行で安心して走る事が出来た

苫小牧て前のカーブで大きな事故
対向車線にはみ出したのだろう

c0212083_18093173.jpg

路面も濡れておりスピードは押さえて走ってて良かった

苫小牧に入り給油と洗車、タイヤの空気圧の点検
綺麗に成った車

c0212083_18094328.jpg

北海道で最後の買い物をトライアルで済ませる

突然、デルアキさんが私の車の所に顔を出した
財布を忘れて帰宅した時に貸したお金を届けに
わざわざ来てくれるとは思わなかった!

体調が悪くこれから病院に受診するらしいが~
早く良く成って欲しいと願わずには居られない

明日、ご自宅に訪問して「陶器薪ストーブ」の
煙突の部材を頂きに行く事を伝えた

店の裏側の太平洋の海を見る

c0212083_18095428.jpg

しかしうるさい程
携帯やタブレットに気象注意報が何度も届く
案の定、これから苫小牧市に記録的な大雨予報
雲がこちらに近づいて来る

c0212083_18100550.jpg

急いで買い物を済ませて「錦大沼公園」へ

少し走り出すと強い雨が降り出して来た

c0212083_18102159.jpg

公園に到着すると雨は止んでる
管理人に挨拶
雑談して今夜も車中泊させて貰う事を伝えた

急に陽射しが出て来たので虹を待つ
離れるのを惜しむかのような~虹の出現
「アーチ虹」

c0212083_18103330.jpg

次々と雷雲の襲来は続く
これからまた苫小牧市内に向かう雷雲

c0212083_18104895.jpg

でも~北海道の雷は優しい!
雷名物の群馬の雷とは比較に成らない
雷光も余り見る事も無く、雷鳴も小さい音で優しいのだ!

光ると同時に「ビシッ~!」とお尻が持ち上がる感じが無い
雷鳴もゴロゴロ音がおとなしく感じてしまうのだ

夕方から雷の帯が次から次にやって来る
ブログ更新開始してから3度目の雷雲到来

強い雨が降ったり、止んだりが今日も続く~!

今夜で北海道での車中泊は終了する
明日の夕方のフェリーで新潟港に向かう

何だか寂しい感じがする「放浪の旅」

新潟に入っても寄り道して行こうかな~~~!
自由な旅なんだから10月までに部屋に戻れば!



# by 38sky | 2017-09-19 19:04 | 車中泊・キャンプ | Trackback | Comments(0)

岩内町~倶知安町~京極町~喜茂別町 北海道92日目

強風を避ける為に防風林の風除けで
寝たつもりだったが~5時に起こされてしまう

昨夜選んだ運動公園で車中泊したが強風で車が揺れる
車内から出られない強い雨

運転席に移り、
道の駅岩内の近くに有る
「タラ丸広場」の駐車場に避難

車内で朝食を作る

c0212083_18364185.jpg

雨風が弱く成ったので岩内漁港に

c0212083_18371295.jpg

湾内は穏やかで防波堤では波が被ってる

c0212083_18373119.jpg

気圧を計ると980ヘストパスカルで
台風の中心に入った!

通過後の気圧は高くなると同時に強い雨と強風に
町内の屋外放送で避難勧告が出た!
車内から一歩も出られない時間が過ぎる

パソコンでネット調べなどで時間を潰す
お腹が空いたので毎回、食事する食堂へ

c0212083_18374747.jpg

早めの昼食を食べる
メニュー

c0212083_18380038.jpg

注文は「銀鮭定食」

c0212083_18381690.jpg

食後、同じ駐車場へ戻る

お腹がいっぱいなのと~する事も無く昼寝
1時間寝て目が覚めると!何と青空だ!

c0212083_18383960.jpg

車中泊の車は私だけ~
雨上がりトイレ済ませて歩いてコンビニへ

ここまでは良かったが~
次から次に雨雲の襲来と爆風

色々考えた末にユックリ走り出す事にした

時々、雲が切れて雨は止む

c0212083_18385346.jpg

京極の道の駅は閑散としてる

c0212083_18390741.jpg

「尻別川」の増水で消防車も出動

c0212083_18392209.jpg

時折、小さな虹も見えた

c0212083_18393716.jpg

倶知安方面に走ると川の流れが凄い

c0212083_18400113.jpg

喜茂別から支笏湖方面に行くと
道の駅手前で通行止め

c0212083_18402166.jpg

「キノコ汁」のドライブインに寄ると臨時休業

c0212083_18404429.jpg

しかもトイレは道の駅も閉鎖され
ここも故障中で使えない

c0212083_18405743.jpg

国道453号線もこの通り

c0212083_18420722.jpg

「三階滝」は増水してて凄い状態

c0212083_18415309.jpg

今夜の寝場所は滝の上に有る
「三階滝公園」に決めた!

風通しが良いので~広い駐車場内を探す

倒木の恐れや風が弱い場所!
何とかここなら寝られそうだ

明日は白老に下りる
国道453が開通してくれないかな?

中山峠越で札幌に出た方が良かったのかも?


# by 38sky | 2017-09-18 19:23 | 車中泊・キャンプ | Trackback | Comments(4)

倶知安町~岩内町 北海道91日目

倶知安町の旭ヶ丘キャンプ場で車中泊
朝の気温は8度、湿度は88%
薄手のダウンを着込んで動き出す

c0212083_18070192.jpg

朝日の羊蹄山

c0212083_18071361.jpg

朝食を済ませて岩内町に向かう

雪ダルマのモニメントはイルミネーションがまだ

c0212083_18072727.jpg

ネットで調べた「ワイス温泉」へ

c0212083_18073896.jpg

営業開始時間は8時なのだが~10時からだと言う
入りたかった温泉なのに残念

岩内の道の駅へ

駐車場の真ん中で汚水を流す人も居る

c0212083_18080605.jpg

今日はお祭りなのか?台風の影響で中止だと言う
折角テントを張ったり準備してたのに~

c0212083_18075609.jpg

雷電温泉から朝日温泉に向かう

c0212083_18082986.jpg

林道を入ると~草が多い嫌な予感

c0212083_18084788.jpg

少し進むと看板が有る

c0212083_18085876.jpg

そこから少し進むと通行止めだ!

c0212083_18091014.jpg

ガッカリして方向転換しようとしても狭くて出来ない
500m近くバックして方向を変えた

朝日温泉の野天風呂に入りたかった~!
途中から脇道に入り「クルミ」拾い
エゾリスの餌を大袋に二つ収穫した
帰る前にもう一度よしつねさんに会って渡したい

c0212083_18092943.jpg
海岸線の国道に下る
「雷電岬」の海岸線へ

c0212083_18122653.jpg
岩伝いに歩いてここまでが限界

c0212083_18123976.jpg


以前なら左の岩壁に貼り付きながら前に進んだろうな~

岩内町に戻り「岩内森林公園」へ

c0212083_18100460.jpg

木道を歩くと白樺林

剥げ掛かった皮を焚火の着火剤に補充

c0212083_18103010.jpg

突き当りの展望所からの岩内街並み

c0212083_18125031.jpg

「サンサンの湯・温泉」へ

c0212083_18104620.jpg

内湯だけだが浴槽は二つ
左が高温、右が普通だが熱い温度

c0212083_18105792.jpg

浴槽の淵に座り、高温と普通風呂の
いつものショット

c0212083_18111355.jpg

帰り掛け、管理人と朝日温泉の事を話す
ゲートを開けて自己責任で入れるよ!

c0212083_18112344.jpg

今入浴したばかりで考え込む~
しかしこれから行くにしても暗く成る
そうでなくても風が段々強く成ってる
台風の影響で明日は無理な天候
朝日温泉は今年諦めるしかないかな?

今夜の寝場所探し道の駅は嫌なので
「岩内運動公園」で寝る事にした

強風で枝が折れたり倒木も考えて
影響がない様に駐車場の真ん中に停めた

c0212083_18113378.jpg

夜中に強風に成るのかな?
風の影響が受けにくい場所選びを繰り返す

今夜から明日にかけ風速25m予報

# by 38sky | 2017-09-17 18:46 | 車中泊・キャンプ | Trackback | Comments(2)

定山渓~京極町~倶知安町~旭ヶ丘キャンプ場 北海道90日目

今朝は寒い朝、外気温は6度
目が覚めてトイレを済ませて公園内を歩く

c0212083_16501623.jpg

定山渓温泉のパークゴルフ場駐車場で車中泊

c0212083_16503593.jpg

朝食を済ませて京極方面に走り出す

途中の中山峠の道の駅は大混雑
「さっぽろ湖」ダムの上から

c0212083_16504808.jpg

第一展望所から見ると面白そうな山が見える
奥に険しそうな岩山「天狗山」

c0212083_16510089.jpg

ナビで検索すると天狗山の裏に道が有る
道路は舗装されてバラス道ではない

c0212083_16511640.jpg

「天狗小屋」

c0212083_16512910.jpg

尚も奥に進むと「豊羽鉱山」
ここで道が終わる~

c0212083_16514774.jpg

この先は鉱山関係者だけ進入出来る
液晶画面に使うパーライトと言う鉱物を生産してる

定山渓温泉に戻り足湯に~!
あれ?改修工事の為お湯が無い「足つぼのゆ」

c0212083_16520340.jpg

温泉入口の大きな足湯に行くと~~~!
何と!驚きの大混雑!

c0212083_16521811.jpg

諦めて京極町に向かう

ニンジン畑

c0212083_16523749.jpg

大豆畑

c0212083_18474202.jpg


なかなか雲が取れない「羊蹄山」

c0212083_16530893.jpg

京極の道の駅は停める場所も無い
水の補給に広場へ
積載してるペットボトルをすべて入れ替え

c0212083_16534301.jpg

ここも並んで水を汲む人達の列
何の樹なのかな?
マユミと教えて貰いました♪

c0212083_16532483.jpg

昼食は京極温泉駐車場で済ませ移動

倶知安町に「曹洞宗」の寺が有り階段を登る

c0212083_16540010.jpg

境内には「紫陽花」が残ってた

c0212083_16541832.jpg

本道に入ろうとしたが鍵が掛かり入れない
「大仏寺」

c0212083_16543434.jpg

直ぐ近くに旭ヶ丘キャンプ場を見付けた

c0212083_16544956.jpg

無料のキャンプ場でバイクが5台、車は4台
空いてて流しも有るが焚火は禁止の掲示が有り断念

c0212083_16550489.jpg

近くに温泉が有るので行って見た!
「くっちゃん温泉」ホテルようてい駐車場は車も少ない~
そのはずだ入浴料金800円を見て諦めた!

明日「ワイス温泉」に入る事に
台風が来る前に雷電温泉も入りたいな~!

c0212083_18470139.jpg

19日頃が怪しいけど明日の天気次第で行って見よう



# by 38sky | 2017-09-16 17:29 | 車中泊・キャンプ | Trackback | Comments(2)

苫小牧市~留寿都町~余市町~札幌市~定山渓 北海道90日目

昨夜は星空が綺麗に見えた
今朝は快晴の天気で気温も高く13度の朝

c0212083_19391567.jpg

朝日が昇る公園に私と同じ車中泊は一台だけ

c0212083_19393006.jpg

公園内を移動するとイベント広場では
連休に備えて準備する機材が置かれてた

c0212083_19394399.jpg

公園管理人に挨拶して椅子を利用する許可を貰う
「この程度なら全然問題ありません!」と嬉しい返事

c0212083_19401791.jpg

公園入口の街路樹は紅葉が始まった

c0212083_19403247.jpg

遅い朝食を済ませて、管理人に挨拶しようとしたが
草刈りで遠くの方で作業中

二日連続の車中泊のお礼を伝えたかったが残念

道内も残り5日間を大切に使おう!
少し走り出すと「樽前山」がクッキリ見えた

c0212083_19405748.jpg

牧草を刈り取る作業を見てると電話が入る!
「デルアキさん」から~
「風の又三郎さんが余市に居るから一緒に行かない?」
「格安で美味しい食堂に寄りたい!」と言う

即答の返事!一緒に余市町まで行く事にした

隧道の中を前を走るデルアキさんの車

c0212083_19411079.jpg

余市町の道の駅に寄ったが~又三郎さんは居ない
格安で美味しい食堂へ

c0212083_19412592.jpg

店内では順番待ちの人達が~

c0212083_19582773.jpg

7人待ちだった回転が速く直ぐに座れた

メニュー!注文は「まんぷくちらし」880円

c0212083_19415060.jpg

この値段でこのボリューム

c0212083_19420686.jpg

一緒にあら汁(100円)も注文
食べ切るか心配だったが完食

デルアキさんが不安な顔つき!
財布を忘れたらしい~しかも免許証やカードも
このままではまずいと帰宅する事に成ってしまった

一箇所だけ案内してもらう
「フルーツパークにき」

c0212083_19421990.jpg

温室内は植物が実を付けてた

c0212083_19424214.jpg

園内の歩道アーチにはブドウ

c0212083_19431277.jpg

紅葉が早い植木

c0212083_19425771.jpg

駐車場でお別れして~私は近くの飛行場へ
「アップルポート余市」

c0212083_19432869.jpg

普段は進入出来ない場所、
写真だけを撮らせて頂きました

飛行場を離れ~囲んでる果樹園の農道を歩く

「栗」はまだ落ちる所まで行かない

c0212083_19434694.jpg

「オニクルミ」硬い殻は薄く実も多いクルミ これもまだ

c0212083_19440721.jpg

ブドウ棚でも頭上の棚と違う?ワイン用なのかな?

c0212083_19445116.jpg

リンゴはそろそろ収穫時期?

c0212083_19450501.jpg

もう一度、余市の道の駅に寄ると!

見慣れた徳島ナンバーの車が有った
私と同じで~3カ月は北海道の歴史を調べた研究家
この人の研究熱心には本当に驚かされる

やっと会えた「風の又三郎さん」

c0212083_19452014.jpg

会えただけでも大満足の私
19日頃、小樽からフェリーで四国に戻るらしい

挨拶が終わり、私は小樽へ
今夜の寝場所にしようとした
「色内埠頭公園」は閉鎖されてる~!
車中泊の車が増えたのが原因かな?

進入禁止ロープが張られ 歩いて撮影
利用してた公園

c0212083_19453663.jpg

「小樽運河」相変わらず中国語や
東南アジア系の外国人ばかり

c0212083_19455061.jpg

車引きの若者が客との交渉中

c0212083_19460495.jpg


小樽から札幌市内の西区へ

レンタカーの時に色々借りた物を返しに
「よしつねさん」のお宅を訪問

「今回の車の故障で大変お世話に成りました!」
ももっちさんから頂いた「銘菓かまど」をお礼に~

c0212083_19462021.jpg

盤渓スキー場で車中泊も考えたが
いつもの定山渓温泉まで走る事にする

やっぱり自分の寝場所は良いもんだ!


# by 38sky | 2017-09-15 20:43 | 車中泊・キャンプ | Trackback | Comments(2)

錦大沼公園 北海道89日目

昨夜はスーパーの駐車場で車中泊しようと思ったが
24時間営業で出入りする車の音が気に成り
いつもの公園に移動して車中泊

c0212083_18590665.jpg

同じ軽自動車の車泊が一台泊まってた
日の出は雲の中

c0212083_18591884.jpg

朝食を食べてから車内の清掃
陽射しも出て来たので布団干し

c0212083_18593217.jpg

地元の公園散策に人から何人も声を掛けられた
「遠い所からご苦労様です!」と

昼過ぎに「デルアキさん」が甘い物の差し入れ!
「ここいる」で居場所が判ったらしい
仕事の合間に来てくれるなんて本当に有り難い

c0212083_18594560.jpg

今回は湿原を二つ回る

c0212083_19000041.jpg

「おぼっぷ沼」

c0212083_19002283.jpg

「ミヤマアキノキリンソウ」

c0212083_19003586.jpg

「大沼」

c0212083_19004949.jpg

秋の印

c0212083_19010479.jpg

キノコ①

c0212083_19011897.jpg

キノコ②

c0212083_19013230.jpg

キノコ③

c0212083_19014641.jpg

「小沼」と湿原

c0212083_19015957.jpg

「ノコンギク」

c0212083_19021456.jpg

「クジャクソウ」

c0212083_19024175.jpg

「ママコノシリヌグイ」棘が有る嫌な奴

c0212083_19022408.jpg

「エゾリンドウ」これが最後かな

c0212083_19025415.jpg

「山椒の実」

c0212083_19030746.jpg

「ウバユリの実穂」

c0212083_19032105.jpg

「イブキボウフウ」

c0212083_19033367.jpg

車に戻ると「シルクさん」から頂いた
寄せ植えに一輪咲いた

c0212083_19034380.jpg

3時過ぎから~通り雨の連続3回
期待してた「アーチ虹」出現

c0212083_19035759.jpg

「モミジの種」飛ぶのはいつなんだろう?

c0212083_19042410.jpg

大木の「キハダ」の実

c0212083_19040947.jpg

電波状態があまり良くない公園だが
静さと暗さは申し分ない快適な場所!

今夜もこの場所で連泊する事に決めた

# by 38sky | 2017-09-14 19:50 | 車中泊・キャンプ | Trackback | Comments(2)

長沼町~千歳市~苫小牧市 北海道88日目

長沼温泉駐車場で車中泊
5時半頃目が覚めて「道の駅マオイの丘」まで行く
車中泊の車は5台程度だったが~驚いた事に!
前橋ナンバーの車が車中泊してる

よしつねさんが野菜集荷仕事なら7時過ぎには来るはず
車内で朝食を取りながら、私の左の普通車がそれ
隣の前橋ナンバーの人が動き出すのを待つ!

c0212083_18215796.jpg

ドアが開いたので早速、こちらから話し掛ける
年齢は74歳のご夫婦、前橋市内に住んでて
1週間の予定で登山を楽しんでると話す

今回は天候に恵まれず「旭岳」「十勝岳」など
登られたらしいが~気温の低さに参ったと言う

今回の旅では群馬ナンバーが1台
初めて見る前橋ナンバーには親密感を感じる

やっぱり私と同じように「前橋って何県?」
良く聞かれたと言う~県庁所在地でこの知名度
県知事は知ってるのだろうか?

天気予報を見ると太平洋岸は晴れ!
8時までよしつねさんを待ってたが
ここに見えないので移動開始

動き出すと雨が止み始めた
千歳市に来ると青空が見え始める

何処にも寄らず苫小牧市に~
いつものトライアル駐車場で店に寄り買物

c0212083_18221678.jpg

サケの遡上を見に穴場へ

c0212083_18222881.jpg

立入禁止の看板が有るが
作業してる人に許可を貰う

c0212083_18224655.jpg

朝から何回か~水揚げしてるらしい

c0212083_18231206.jpg

手の届く所に泳いでる
橋の上から見ると水面が黒い部分は全てサケ

c0212083_18232637.jpg

ズームにすると全部なのが見える

c0212083_18234325.jpg

漁師さんにお礼を言って床屋に向かう

c0212083_18235361.jpg

3ヶ月振りの散髪、しかも格安は少ない
今回は顔剃りも入れて1750円
蒸しタオルで顔に乗せるのは10年振り位かな?

散髪後には近くの温泉へ
「しらかばの温泉湯」

c0212083_18240410.jpg

入浴料金は500円

c0212083_18241504.jpg

内湯は混雑してて撮影不可能
露天風呂を空いたすきに!

c0212083_18242792.jpg

いつものショット

c0212083_18243825.jpg

着替えも無く成り、コインランドリーへ

c0212083_18244990.jpg
ここで素晴らしい事に出会う

洗濯する物を持ち込んでドラムに入れた~
財布の中を見ると5000円札小銭入れも100円玉が数枚
両替機の前で困ってると~中年女性のお客さんは入店

私「すみませんが~両替をして頂けますか?」
女性が財布を出して中を見たが3000までしか無い

女性「どの位必要なんですか?」
私「洗濯と乾燥して700円です」
女性「小銭なら有りますからお使い下さい!」

差出されたのは100円硬貨7枚
女性「返さなくて結構ですからどうぞ!」

驚いた~~~!身も知らない私にお金を?
取りあえずコインを入れて洗濯開始
出来上がるまでにコンビニで買物してお釣りを

洗濯が終わり乾燥機に入れてて車の中で待つ

お金を出してくれた女性が店に!
慌てて降りて「お借りした700円です!」
「苫小牧の人はこんなに親切なんですか?」

女性「困ってらっしたから~!」
親切と言うよりその気持はどこから生まれるのだろう?

丁重にお礼の言葉を伝えた!
女性「遠くから起こしなのですね~!」
ナンバーを見て初めて気が付いたらしい

この事は忘れられない北海道の記憶に!

デルアキさんは夕方5時から仕事
この駐車場に出勤前に寄ってくれた!
明日も仕事らしいが~「頑張ってきて下さい!」


今日の夕焼け

c0212083_18245850.jpg

明日天気が良ければ布団でも干そうかな?

今夜の寝場所は静かな錦沼公園に~♪
雲が少なく星空が期待出来そう



# by 38sky | 2017-09-13 19:09 | 車中泊・キャンプ | Trackback | Comments(5)

層雲峡~旭川市~深川町~長沼町 北海道87日目

朝、窓を叩く音で目が覚めた
隣りのデルアキさんが声を掛けて「忘れ物らしいよ!」
上着のジャケットをももっちさん車内に置き忘れたらしい

c0212083_19073072.jpg

「雨が降り出したから苫小牧に戻るね!」
寝ぼけ眼の私、急いでズボンを履いて見送る

c0212083_19074426.jpg

食事もしないで宿泊先のホテルにジャケットを届ける
受付カウンターの男性に渡して移動しようとすると
部屋から玄関先まで降りて来てくれたももっちさん
「お元気で旅を続けて下さい!」
今日の千歳空港の便で羽田で乗り継いで帰るらしい

朝食とトイレはいつもの上川町の場所で取る
雨は止む事もなく降り方も強い
道内では雷注意報が発令されて
今日は雨の日に成りそうだ!

ジッとしてても始まらない
思い切って長沼町まで走ろう
距離にして200km有るが~残りの北海道は8日間
南に向けて走り出す、

「将軍山駅」

c0212083_19080511.jpg

本当に良く降る~5時間以上かけて長沼へ
「マオイの名水」を補給

c0212083_19082341.jpg

農産物売り場も閑散としてる

c0212083_19083702.jpg

道の駅で休憩 初めて入る館内

c0212083_19085442.jpg

疲れなのか?寝不足なのか?昼寝を一時間

長沼町のいつもの寝場所に移動する
温泉客もこの天気で少ない駐車場が今夜の車中泊

フロントガラスの雨粒

c0212083_19091229.jpg

明日も雨の予報~時々止んでくれれば良いのだが!

今日は何もしないで走り通した一日だった




# by 38sky | 2017-09-12 19:31 | 車中泊・キャンプ | Trackback | Comments(2)